カルティエは名古屋の人たちにも人気のブランド

中部地方の代表的な都市で、商業の中心地でもある名古屋には、海外の高級ファッションブランドを取り扱っている販売店もたくさんあります。



名古屋の人たちから大きな人気を博している海外のファッションブランドの一つが、宝飾品や時計などを中心に高級なアイテムの製造を行い、「王の宝石商」という異名を持つカルティエです。カルティエはフランスで誕生したブランドで、その創業者はブランド名の元になっているルイ=フランソワ・カルティエという宝石細工師です。

名古屋のロレックス情報があれば全てが解決します。

1847年に師匠から工房を受け継いだ彼は、その後パリ市内にジュエリーブティックを構え、ヨーロッパのセレブたちから高い支持を受けるようになります。


その人気の大きな原動力となったのが、当時流行していたアールヌーヴォー・スタイルとは異なり、ガーランド・スタイルやアールデコ・スタイルを用いた独創的なジュエリーを次々と生み出していく、彼の卓越したデザインセンスだと言えるでしょう。



またこのブランドはジュエリーだけにとどまらず、腕時計の分野でも独創的なデザインを持った名品を次々と世に送り出し、その名前を世界中に轟かせるようになったのです。


日本でもカルティエの人気はとても高く、特にエンゲージリングにこのブランドの製品を選びたいという人は大勢います。

その人気から日本には直営店がいくつもありますが、名古屋にはミッドランドスクエア、ジェイアール名古屋タカシマヤ、三越栄店に店舗が開かれていおり、それぞれに多くのカルティエファンが訪れています。